39033e37ad1fd7a611052e3c4e7b70c3_s


大地震や災害などの避難時に持ち出すものには2段階あります。「すぐ持ち出すもの」と、「避難生活が長引くときに必要になるもの」


すぐ持ち出せるものは、非常持出袋ですね。


そして、避難所などでの生活が長引くようなら、備蓄食料と飲料水などを自宅に取りに帰ります。もちろん、家が無事で安全であるということが前提になりますが。。

まずは、非常持出袋

突然の災害で自宅から避難するときには“非常持出袋”を持ち出すこと。これが一時持ち出し品。災害の現場から安全に避難するために必要なものです。

水:500mlのボトルが2~3本
コンパクトな雨具:ポンチョタイプが便利
懐中電灯:LEDライトで防水機能付き
除菌ウェットティッシュ
トイレットペーパー:ティッシュ代わりにも使える
ホイッスル
携帯食
ラジオ:手回し式充電ラジオなら電池いらず
現金:買い物にも公衆電話にも必要です
常備薬:持病の薬以外でも風邪薬や鎮痛剤など
軍手:素手は危険
歯磨きセット
簡易トイレ
筆記用具
乾電池
充電器
マスク:衛生面のほか顔も隠せる(特に女性には有効)
アルミシートブランケット
タオル



男性は10kg、女性は8kgを目安にします。


メガネの必要な人は予備のものを必ず入れておくこと。


非常持出袋はすぐ持ち出せるように玄関の近くなどに置いておくのが望ましいです。

1週間程度の避難生活に必要なもの

1週間程度の避難生活を予測して用意しておく「備蓄」


東日本大震災までは、ライフラインが復旧するまでの3日間分の食料と飲料水の備蓄、ということだったのですが、南海トラフ巨大地震を想定すると、備蓄は1週間分を勧めています。

1人最低1ℓの飲料水
調理しないで食べられる非常食
バランス栄養食
5年保存できる乾パン・ビスケット
温めずに食べられるレトルト食品
缶詰のパン
乾燥野菜



避難した当日はペットボトル2.3本の飲料水を持ち出すだけで精いっぱいでも、家が無事なら備蓄していたものを取りに帰れます。

7年保存可能な天然水
缶詰
インスタントスープやみそ汁
調味料
野菜ジュース
乾物類



こうしてみると、わざわざ「非常用の備蓄」としてでなくとも、普段使っている食料品の中で保存性の高いものを買い置きしておいた方がいいこともあります。


そのほうがローリングストック(回転備蓄)として使えるので、食品の無駄を出さずに済みますね。


全てを非常食で揃えようとすると経費もかかります。賞味期限切れの心配もあります。


でも、普段使いの食品を4日分くらい、乾パンや携帯食など非常食を3日分くらい、この割合で1週間分の食料を備蓄するということなら、それほど気合を入れることもないかもしれませんね。

意外なものも防災備蓄品になる

最近テレビなどで取り上げられているものに、「ラップ類」があります。食器にラップを敷いて食事をすれば、食器を洗う手間が省ける(水を使わない)というものです。


ゴミ袋も活用できます。
段ボールの箱の中にセットすれば、バケツ代わりにお水を入れることもできるし、トイレにセットすれば簡易トイレとして使います。


雨の日はレインコート代わりにもなるし、防寒着としてもバカにできません。


自転車も災害時には便利です。移動はもちろん、カゴつきならものも運べます。


レジ袋も簡易トイレや移動時の簡易オムツとして使うことができますね。

最後に

自宅や職場などには防災グッズが用意されていても、災害時に自宅や職場にいるとは限りません。


では、外出時に備えるにはどうしたらいいでしょう。


いつも持ち歩きたいのは、

携帯電話
乾電池式充電器
LEDライト
ポリ袋
ティッシュ&ウェットティッシュ
ハンドタオル
メガネ(必要な方)



頭の片隅に危機感を忘れないこと。


出張や旅行などでホテルや旅館に泊まるときも、非常口を必ず確認しておくこと。


もし地下鉄に乗っていたら?
もしエレベーターに乗っていたら?


イマジネーションを磨いておきましょう。