596120


どこにいても地震にあったら怖いけれど、帰宅困難者になっていつまでも家に帰れなくなるのはイヤ。


なら自宅なら少しは安心?
昼間なら自宅にいても服は着てるから、お風呂場にいるときほど無防備ではないので、その点は少し安心かも。


でも、深夜の地震でぐっすり寝込んでいたときは?


激震が起きたとき、自宅のどの部屋にいるか、というのも大きな問題ですね。

地震のとき寝室で布団の中だったら?

阪神・淡路の震災のとき、神戸にいた知人はベッドから放り出されたと言っていました。


その瞬間は、きっと訳が分からない状態でしょうね。特に横になっているときは揺れがダイレクトに伝わってきます。おそらく、体は転がりそうになるだろうし、それこそ、ベッドから転げ落ちないようにするしかないかもしれません。


そんなときは、布団の中に潜り込んで揺れが収まるまで体を丸めて防衛態勢です。または、枕で頭を防御します。

地震のとき台所で火を使っていたら?

台所で料理をしているときに地震が来たら、ガスコンロのそばにいるならすぐ火を消します。でも離れたところにいるなら火を消しに行く必要はありません。ガスコンロには自動消火装置がついています。それより心配なのは、料理中の煮立ったお鍋などが落ちたりしてやけどをすることです。


まず、煮立ったお鍋やお湯などから遠ざかること。消化や火の確認はやはり揺れが収まってからにします。


前回、家具を固定しておくことの重要性をお話ししましたが、台所も食器棚や収納棚などはしっかり固定しておくことが前提ですね。


それでも、食器やガラス器が落ちて割れる可能性もあるので、破片でケガをしないように普段からスリッパをはく習慣をつけておくことも考え方としては大切です。

地震のときリビングでテレビを見ていたら?

家具だけでなく、耐震を考えて固定していないと、薄型テレビは飛んで来たりすることもあります。リビングにあるほかの家具と同様、テレビもしっかり固定しておきましょう。


リビングの照明は基本、直付けが理想ですが、もしどうしてもペンダントライトにする場合はガラス製ではなくアクリル製にし、吊り下げコードは短めに。


大きな揺れのときに身を隠すテーブルや机がない場合は、座布団やクッションなどで頭を覆い、窓やガラス戸から離れたところで身を小さくして揺れが収まるまで待ちます。


大きな揺れのときは実際、自分の体を守ることが全てですし、それが精一杯。
できるだけケガをしないようにすることと、ケガをする危険性をできるだけ排除しておくことが大切なことです。

地震のときトイレにいたら?

トイレで震度7クラスに遭遇したら?実は、トイレのタンクのフタが飛ぶ可能性があるとのこと。


トイレに閉じ込められる可能性もあります。
トイレは狭くてほかの部屋に比べるとものが少ないので逃げ込むには良さそうに思いますが、トイレや浴室のドアは閉じ込められる可能性が高いということなのです。

最後に

背の高い家具や本棚などは1つの部屋にまとめることができるのなら、それが最善です。家具部屋、みたいな感じでしょうか。もちろん家具はきちんと固定します。でも、家具部屋にはあまり長居はしないでしょうね。


廊下に物を置かないようにするのは常識ですね。
災害発生時、廊下は避難経路になります。


食器棚のガラスにはガラス飛散フィルムを貼り、棚類に収納するときは重いものはなるべく下に、紙類やプラスチック製品は上の方に置きます。


家具のキャスターは固定しておきましょう。