a13fcf1adebcd00d8b0566383149e340_s


今までは、巨大地震が来たらライフラインも使えなくなるので、最低3日分の食料を備蓄しましょう!と言われてきました。


でも最近は、南海トラフ大地震など大規模災害を想定して、できたら1週間程度の水や食料は備蓄しておきましょう、と言うように変わってきています。被害の大きさから想定すると、水や食料の配給が遅れる可能性があるからです。


ワンルームのひとり暮らしだとしたら、1週間分の水や備蓄食料をどう収納すればいいのか?


「いざ」というときのために、どんな食料を備蓄し、食べていくのか?


以前考えられていた「非常食」は、非常時のために非常持出袋に入れたままで、気が付くと賞味期限がとっくに切れていた、なんてことがありました。


でも最近は“ローリングストック”という考え方が定着しています。つまり、備蓄食料を賞味期限を意識して、順番に普段食として食べ、備蓄分は新たに補充していきましょう、という方法です。


そうすることで、備蓄食料として購入したものの味を試すことができます。好みに合わないものだったら補充するときに別のものにすることもできますね。そういうメンテナンスができるのが“ローリングストック”です。


では、備蓄するにはどういうものをどのくらい必要とするのでしょうか?

ひとり暮らしの備蓄食料はどのくらい必要か?

被災後の被害程度によって暮らしの環境は変わりますが、もしご自分の家または部屋が無事で、ライフラインが途絶えても住むことができるとしたら、食生活にどう取り組んだらいいでしょうか?


まず大切なお水はどのくらい確保しておけばいいでしょうか?


飲料水としてだけでなく、調理に使う分も含めると、一人一日3ℓ×1週間で、合計21ℓ必要と計算されます。


保存する容器としては、2ℓ、500mlと目的に応じて分けておいてもいいかと思います。それと、生活用水用にポリタンクもあると便利です。ただし、女性にはかなり重いと思うので、移動用に台車やカートがあると便利です。


そのときも、ポリタンクのサイズは小さめの方が部屋置きするにも動かしやすいですね。重いものを無理して持つと腰を痛めます。くれぐれも自分の力だけで間に合うようなサイズで準備をしておきましょう。


余談ですが、入浴時のバスタブのお湯は、使用後にすぐ洗い流すのではなく、次の日に使う前に掃除を兼ねて流すようにした方が、「いざ」というときのためには安心です。トイレを流すなど生活用水として使えますので。


f5d42648b6ff13ebb6f8d0876565165c_s


さて、食料の備蓄はどんなものを用意しましょうか。


主食としては、
レトルトごはん、おかゆ、アルファ化米
うどん、そば、パスタなどの乾麺。
乾パン、お餅、缶入りのパン、クラッカーなど。


副食としては、
缶詰(肉、魚、豆など)、カレー、シチューなどのレトルト
高野豆腐、切り干し大根、ひじき、カットわかめ、お麩などの乾物類
梅干や瓶詰のらっきょうやピクルスも便利です。

じゃがいも、さつま芋、玉ねぎなどの根菜類は普段使いがそのまま使えますね。


缶詰や紙パックの野菜ジュースも栄養的に有効です。特に非常時は野菜不足になりがちなので。


ほかには、こういうとき(非常時)に甘いものを体が欲しがるということがあります。チョコレートやアメ、ドライフルーツなどもあると重宝します。


備蓄食料と言っても、半分くらいは普段使っている食品がそのまま使えます。とくに非常用の備蓄品としてではなく使えるので、乾物類や調味料などは常に無くなりそうになったら買い足すようにしておきます。


ガスや電気がまだ使えない状態でも、カセットコンロで煮炊きはできます。なので、調味料も欠かせません。みそ、しょう油、塩、砂糖、食用油、麺つゆ、マヨネーズ、あと、ショウガやニンニクなどのチューブの調味料もあると便利ですね。調理の幅が広がります。


普段食べているようなものを食べることで気持ちが落ち着くということがあります。災害直後は精神的にショックを受けていて食欲がないことが考えられますが、それでも普段食べているものが食べられたり、温かいものを口にできるようになると食欲も出てくるかと思います。


一人一週間分の食料としては、


水21ℓの内容は、一部お茶やスポーツドリンクなどに変更しても構いません。


主食としては、レトルトごはんやおかゆなどは10食分くらい。
ほかに缶詰のパンやシリアル、乾麺など。普段の食事の割合で1週間分を用意します。
お米やお餅などもあった方がいいかもしれませんね。


副食の方も、主食(ご飯、麺類など) に合わせてそれぞれ7食分程度は用意します。カレーやシチューなどのほかレトルト食品各種。

備蓄食料の収納法とは?

ひとり暮らしでワンルームマンション住まいだったりすると、必要なのはわかっていてもなかなか備蓄食料を1週間分収納するのは難しいと感じるかもしれません。


でも、部屋のどこかに「備蓄コーナー」としてまとめて収納するのではなく、分散して収納することを考えると、案外スムーズに収納できるかもしれません。


たとえば、缶詰や瓶詰など重さのあるものを本棚の下の段に置くとか。
衣類の整理ダンスも、下の段は乾物類などを入れておくとか。


2ℓのペットボトルを居間のソファの下にずらりと1週間分まとめておくのではなく、こちらも何か所かに分散して置いておくことをお勧めします。被害にあった場所がたまたま水を置いていた場所だった、なんてことになると取り出すことができなくなる可能性もあります。

リスクも分散しておく、ということですね。


e33bc773f59e6fe958a09b5713f631ea_s

“火”を使わない調理法とは?

被災直後はライフラインが止まってしまうことが多いです。そんな時のために火を使わない、ただ材料をポリ袋で混ぜるだけという調理法?が活躍しそうです。


たとえば、

・シーチキンとコーンの缶詰をポリ袋に入れ、マヨネーズを加えて混ぜ、好みで塩こしょうする。

・ドライパックのひじきと大豆の缶詰をポリ袋に入れて混ぜる。

・鮭缶とカットわかめをポリ袋に入れ、混ぜる。

・ツナ缶と切り干し大根適量をポリ袋に入れ、チューブのおろししょうがとマヨネーズを加えて混ぜる。



以上、すべて缶詰や瓶詰の中身をポリ袋に入れて混ぜ、好みで調味料を加えたものです。
被災直後から3日目位までのまだ混乱している状態の時のレシピ案です。火を使っていないので温かい食事ではありません。


それでも、備蓄するときに栄養的なことも考えて購入するようにしておくことで、いざというとき極端な栄養不足を避けられるのではないでしょうか。

まとめ

備蓄食料は賞味期限に気をつけましょう。
収納するときも付箋やマスキングテープに日付を記入して貼っておくと、食品に記載されている賞味期限を見ずに確認できます。
月に一回か二回、備蓄食料だけを使って調理する日を作ってもいいですね。味を試すこともできるので好きなメーカーが見つかるかもしれません。


なにしろ長期戦です。常に備蓄食料があるのが当たり前、の生活を楽しむくらいの方がいいかもしれませんね。